すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2015年9月14日月曜日

【Huaweiアンバサダー(非公式)】Huawei P8 lite ソフトウェアレビュー

Huaweiアンバサダー(非公式)に当選しましたふがしです。
P8liteをお借りしてしばらく経つのでそろそろ書かないと…そろそろ書かないと、と思いつつ今になってしまいました。人様のブログにものを書くというのは初めてなので、生暖かく見守っていただけると大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。

さて自分がお借りしたのはP8liteです。(撮影端末:Honor6plus)



当初の予定では外見レビューをしてからソフトウェアレビューをしよう思ったのですが、先にとくめいさんが外見のレビューをしているのでまた同じことを書くのはどうなのということでいきなりソフトウェアレビューです。





Huawei独自のEMIUIにはどんな特徴があるのか紹介できれば幸いです。


ホーム画面は丸みを帯びた可愛い印象。

設定画面に飛んでみます。先頭にデュアルSIMの設定があるのに驚きました。



細かくどっちを優先するかも設定可能。
なお、片方は2G接続になるため、日本に住んでいる方は同時待ち受けを使うことは不可能。しかし、両方にSIMを刺して都合によって切り替えるということは可能です。使い方によっては、お家モードと仕事モードでスマホを一つにまとめる事はできるのではないでしょうか。(同時待ち受けは出来ませんけど

設定画面を一般にすればよく使いそうな設定項目に素早くアクセス可能





ホーム画面のスタイルはシンプルモードと標準モードで変更することが可能。
しかし、ランチャーがないホームは使いづらい…自分のようにたまに使うアプリも全部入れておこうという人には全く考えられていないホームだと思います。
ランチャーがあるのとないのとシンプルという風に選択できたら文句なしですね。


本体ストレージ画面。およそ10GBほど空き容量が残っています。Find7のようにアプリ領域とストレージ領域と分かれていないので、好きなだけアプリが入れられるのは大変ありがたいです。



驚いたのが省電力設定。かなり細かく設定できます。これは特徴の1つといっても過言ではないと思います。

ウルトラ省電力やスマート省電力、スペック重視のモードが有ります。

他にもアプリを保護しておくと画面が消えてもバックグラウンドでアプリを動作させることが可能。

しかし、この機能、いいように見えて、LINEやFacebook、Instagram、twitterなど通知が必要になるアプリも勝手に閉じてしまうため、保護しておく必要があります… しかし画面にはそこまではっきりとは書かれてないため、初めてがこのスマホだと説明不足だと思われます。逆に知っている方は無駄が省けていいですね。ゲームアプリなどをオフにしておくといちいちタスク一覧から終了させなくて便利です。


また、電力消費が多いアプリを通知してくることも可能。しかし、LINEやGoogleアプリなどのアプリ通知がいつもくるため、鬱陶しいのも事実。

電力消費はかなり細かく監視できます。



最近は一般化してきたウルトラ省電力モード。メーカーにより名前は違いますが、大体の機能は通話とSMSのみにして電池を持たせる機能です。しかし個人的には、日本ではあまりSMSは使われないイメージ…実質通話待受のみになるような気がします。終了するボタンがAndroidを使っている方出ないと分かりにくそうです。右下で終了できます。



次の機能はロック画面のスタイルを変更する機能。
お好みで選べます。女の人向けがあるのも珍しいのではないでしょうか。



通知センター設定。どこかでみたことあるような設定…某りんg


アプリや写真、連絡帳を保護できる機能。ゲストモードとプライベートモードで分けれるようです。


ネットワーク通信を行うアプリをWiFiかモバイルデータで通信できるようにするか選択できます。
月の通信容量が少ないMVNOユーザーにも安心。システムに組み込まれてるアプリにも設定できるのはすごい



スマホを伏せたり振ったりすることで行う機能を選択可能



P8liteはナビゲーションバーを変えることが可能。通知を下ろすことが画面下でも出来るので手が小さい方でも操作しやすそうです。


また片手で普段から操作しにくい人に、ナビゲーションバーをどちらかにスライドさせると画面が小さくなってそちらによる機能もあります。




画面左に扇型のナビゲーションボタンを出すことも可能。

下の丸いボタンはすべてのアプリを閉じる。鍵マークはロックを掛けて画面を消すことが出来ます。


ロック画面に自宅の時間と旅行先と時間を表示する機能もあります。旅行先から友達に連絡を取るときに重宝しそうですね。






以上。P8liteソフトウェアレビューでした。かなり細かく設定でき、便利な独自の機能もたくさん入っている面白い端末でした。メインで使うには全く問題ないと思います。動作そのものは全く問題ありませんが、ちょっと重たいゲームなどをやるときは物足りないこともあるかもという感じでした。


honor6plusと比べて見ると電源ボタンや、音量ボタンがしっかり飛び出ていて押しやすいです。暗いとボタンがいまいちわかりにくいので助かります。

おまけ
P8liteのカメラでPebble time steelを撮ってみました。
室内の接写でピントが合いにくいシーンだと思いますが、なかなか綺麗に撮れますね。

後々、噂の不思議なSIMトレイ(+MicroSDトレイ)です!!!!!!!!

上下で分かれているのですね。この発想はすごいと思います。


以上です。ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿