すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2017年4月19日水曜日

ZOZOTOWNの「ツケ払い」について思った事

どうも。
最近、仕事の環境やら立ち位置が変わったりやら
地味に料理を作るのが楽しくて携帯情報を追えていない筆者です。
どうもこんにちは。

そんな中で、最近ZOZOTOWNの「ツケ払い」という決済方法で
エライ目に(自業自得なんだろうけど)あってる方がいるみたいなので
その事についてのんびり書きたいなと思いました。


1:ツケ払いって?
詳しいシステムは書きませんが、通販で商品だけ先に届いて
支払いはあと回し(ツケ)にしておく事が出来るという決済です。
上記の画像にもあるように、支払いは2ヶ月後で良いわけですから
まさに「欲しいと思った時が買い時」という言葉がピッタリですね。

2:どういう時に使える?
これは1の時にも書きましたが...
欲しいと思った時、手持ちに現金がなく買えない。
そんな時に未来の自分に手数料(324円)を加えて払ってもらおう。
そんな仕組みですね。

3:何故問題になったのか?
これはいろんな所で言われているので多くは書きませんが
支払い能力のない若者が、未来の自分に負債を抱えこませすぎて
その未来に来た自分が払えなくて延滞してしまう事が多発している。
そんなとこにあると思います。

このツケ払い、無理矢理携帯電話の話にもっていくのであれば
キャリア決済がこれと同じようなシステムかもしれません。
(手数料はかからないですけど)

筆者も昔、クレジットカードを持ち始めた頃に
「お金なくてもこれで買い物すればいいや」とか言いながら
欲しいものを欲望の赴くまま買っていった結果払えなくなり
親に縋った過去があります。

そもそも今払えないのに未来に払える確証が何故あったのか?
そして万が一に支払い能力があるのであれば、何故わざわざ
手数料が324円もかかる「ツケ払い」にするのか?
(ただ、気持ちはすっっっっっっっごい分かります)

昔間違った経験から思うのは...
未来の自分の支払い能力なんて信じてはいけないという事です。
ツケ払いに限らず、クレジットカードでよくある
「ボーナス一括払い」とかもそうですね。
未来にボーナスがある確証がありますか?
ただでさえ不景気なのに、ボーナスというのは企業の業績が良くて
初めて支給されるものです。

さすがに来月の自分の給料が支給されない可能性までは考えるとキリがないですし
クレジットカードを使用するのに筆者は否定的ではありません。
ただ、やはりそれでも利用は計画的にしないといけないですし
無計画だと過去の私のようにすぐ破綻してしまいます。

結局、こういうシステムを全面に打ち出すという事は
それを利用してもらう事で提供側にもメリットがあるという事です。
具体的なところだと、「ツケ払い」の手数料ですね。
割増料金324円かかります。
そして商品代金自体も債権が別会社に移りますので、ZOZOTOWN側が
不当りになるリスクはないですね。

そして消費者側の購買意欲を高める事も出来るシステムです。
だって手元にお金なくても商品届いちゃうんだもん!!!

その代金回収をZOZOは別会社に投げちゃうんだもん!!!
良いシステムです。(客目線でどう思うかは置いといて)

こういう通信販売を利用していて、自制心に自信がないのであれば
銀行口座直結のデビットカードとかいかがでしょうか?
銀行口座直結なので、使える金額は自分の残高とイコールになり
使い過ぎを防止出来ますね。
更に言うのであれば、デビットカードの口座と普段の口座は
別の口座にした方が良いでしょう。
デビットであっても、何だかんだで必要なお金まで使ってしまうかもしれません。
分けておく事で、限度額自体を自分で決める事が出来ます。
メインの口座と同銀行のデビットカードなのであれば、資金の移動もスムーズです。


4:で、筆者は結局何を伝えたかったのか
とにかく、支払いを後回しにして良い事なんて何もありません。
商品を購入し対価を払う。それが商売だったり購買だったりするわけです。
メリットなんて何もないと筆者は思っている。
ただそれだけの話です。

ではでは

0 件のコメント:

コメントを投稿