すぐるのモバイル雑記Ver2とは!?

主にスマートフォンの情報やデジタルガジェットの情報を扱うブログ...ではありますが
他のガジェットを取り扱うブログよりも、ゆる〜くぬる〜く筆者が思った事を思ったまま書く自由気ままなブログです。
目まぐるしく変化する携帯電話業界に鋭いメスを突っ込んだり突っ込まなかったりします。

2017年5月15日月曜日

結局、MVNOって何なんでしょうか?


筆者がMVNOと出会ったのが、おそらく2010年の後半あたり。
今から大体7年前にまで遡ります。

頑張って探してみたら過去記事がありました。
携帯電話2台持ちのススメ

昔自分がやっていたブログです。
文章力の無さは何も成長していない事が伺えます。

当時は、確かauのbiblioに音声のメイン回線を挿しプランEシンプルで
指定通話定額を付け、Wi-Fi WINを使い通信費を節約。

T-01Aでb-mobile U300運用、たまにSO-01Bを使用していたと記憶しています。

メインPCはdynabookAZで。



(biblioは公式サイトに写真すらありませんでした)
「本棚ごと持ち歩く」ケータイ! 東芝製のau「biblio」徹底レビュー
(日経トレンディネットさんのサイトです)

T-01A
T-01A サポート情報
docomo公式サイトへ遷移します。

dynabook AZ
まだ公式サイトが残っていました

なんていうか...
ようやってたな、マジで。

あと、WiMAXを一応契約してたけど電波入らなさすぎてすぐ解約したっけな。

あの頃は、利便性を一切考慮せずに
「皆より安く携帯電話2台持っている俺カッコE〜〜〜」
「まだ携帯電話で消耗してるの?」
「これからはスマートフォンの時代やで( ・ิω・ิ)」
とか言ってましたっけ。

イキってましたな、反省しています。

さて、本題。
そんな、携帯オタクのおもちゃとして使われていた(?)時代も終わって
大衆向けに認知されてきたMVNO市場。
幅広いニーズが出てきました。
途中までは頑張って追っかけようとしたのですが、夏場のGのように増殖していく
MVNO会社を追っかけていくのは困難極まりないので断念。
有名所だけ追っかけるようにしています。

そして、昔と大きく変わったのが
あくまでサブとして持つMVNOだけでなく、今やメインの回線をMVNOに変更していく。
そういった事も可能になっていますね。

実際、筆者も一時期はMVNOをメイン回線として使用していました。
メイン回線をdocomoからMVNOにMNPしたというお話と軽い御報告

最終的にはdocomo→OCNモバイルONE→Y!mobileという変化があり
現在は落ち着いています。

MVNOをマジのメイン回線として使うとなった際に、個人的に気になった事を
書いていきたいと思います。

1:評判通り、通信品質に難あり
筆者は特に出先で動画は見ません。自宅のWi-Fiで予めDLしておくか
家で見ます。

問題は、日常のweb閲覧。最初は「安いから仕方ないか」と思っていましたが
日々積み重なっていくとそれがストレスになっていきます。
通勤電車の中で暇つぶしをするにも、web読み込みにつぶされる。

そして致命的だったのが...
「出先での不意に来るゲームアプリの更新」でした。
筆者はモンストをやっています。
あくまでのんびりやっているのですが、無駄にガチャ運だけは高いみたいですね。
出先で更新をすると、マルチやろうとなっても
アプリの更新で大容量の通信が発生する...のは良いんですが
その更新がクッソ遅いこと遅いこと!!!
休憩時間に同僚とマルチやるにしても更新が一生終わらずに結局出来ない...。
同僚からは...
「これかだら貧乏SIMは困るんですよ」と馬鹿にされておりました。

そんな事も重なり、筆者のMVNOメイン運用は1年で頓挫。
Y!mobileに変更して超快適になったなと実感しています。

いろんなサイトで
・このMVNOは昼間の通信速度は云々〜とか
・昼間に強いMVNO事業者は云々〜とか書いてますが

基本的に一緒!!
どこを選んでもどんぐりの背比べだと思いますよ?


2:有事の際の対応に不安を覚えました。
別に本体が壊れるのは良いんですよ?買えば良いですし
予備の端末も何台かあるので。
ただ、完全に紛失をした際のSIMカードの処遇。
ここが不安になりました。

もし携帯電話を紛失や盗難をしたら、MNOであれば
そのままショップに駆け込んで、利用中断して、交換サービスに加入していれば
交換の手続き。代替機を貸してくれるでしょう。
入ってなければ、なくなく機種変更。料金はかかったとしても
当日にどうにか出来る場合が殆どです。
しかしMVNOの場合、紛失盗難があれば...
基本的に窓口なんてありません。あるように見えても、そこは大概
販売のみのお店です。

UQスポットについて

1.「UQスポット」について
・UQ mobileの新規(SIM単体・端末セット)およびMNP申込受付
・UQ WiMAXの新規申込受付
・auの新規、機種変更、auでんき契約およびau wallet(プリペイド)申込受付
・アクセサリー販売
UQmobileについては、店頭でのSIMの再発行は不可。
郵送での再発行になるので、届くまでに数日かかるのかと思われます。

楽天モバイル
一部店舗にて契約時期によってSIM再発行は可能となっているようです。
店舗数は、全国で16店舗。...少なくないっすか?

しかも契約時期によって再発行出来る出来ないがあるので
それもまた難しいですね...。

FREETEL
ショップ自体はありますが、基本的に新規契約のみの受付。
紛失のトラブルは全てwebでの手続き、カスタマーセンターへの連絡でした。

LINEモバイル
こちらも新規契約のみ受付。
SIMの再発行はカスタマーセンターへの連絡のみでした。


BIC SIM
iijmioが運営している「IIJmio」「BIC SIM」については
基本的にSIMの即時再発行が可能でした。
全国で約40店舗ほどですが、都心に住んでる方であれば立ち寄れる場所に
多く店舗があるのは良いですね。
BIC SIMカウンター店舗一蘭


WIRELESS GATE
Q:SIMカードの再発行はできますか?

いいえ。SIMカードの再発行は行っておりません。別途、SIMカードを購入いただけますようお願いいたします。
なお、別途SIMカードを購入いただく場合、ご契約情報の引継ぎはございませんので予めご了承ください。

オソロシヤ...


有事の際のサポートは、何だかんだ言ってもMNOには遠く及びません。
その分、利用料の安さで還元しますというものだから仕方ない。

そう、仕方ないんです。
安いのであれば安いなりのサービスしか提供されないのです。
どこでも言ってますが、有事の対応がしっかりしているからこそ
MNOは高いんです。安定した通信も確保出来ています。
毎日の通信速度に一喜一憂するのも疲れましたし、毎日使うツールだからこそ
毎日を安心して使用出来る会社を選ぶ方が良いのではないでしょうか?

それでもやはり安さには拘りたいとうい方ももちろんいます。
その際は、リスクを考えて自衛出来る体制は整えておいた方が良いかもしれません。







........ん?何の話してたんやっけ

茜さやちゃん可愛い!!
以上!!!!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿